9その他のことわざ

小さく入りたくさん出し
万事如意
面を上げて名を指す
優れている者は統べ劣っている者は敗ける
花か咲くように生き生きしている
最初から最後まで
アヒルのたまご、鶏のたまご
鶏を見てクイナになる
白玉のようにつややか
遅れた水牛は汚れた水を飲む
遅れた水牛は汚れた水を飲み、愚かな水牛が肥えた草を食べる
深く考え黙想する(沈思黙想)
雪のように白い
白い歯から白髪になるまで
象牙のように白い
皮をむいたゆでたまごのように白い
綿のように白い
総て善く総て美しい
山に座して虎が戦うのを見る
頭は大きいがバカ
信じられない雷が耳元で鳴る
びんろうとたばこの金
お金を渡せばお粥をすくう
先に呼び声後に靴音
千載一時(千載一遇)
千年不易
赤いのを見て熟していると思う
低いことアヒルの如し
身は老いて心は老いず
年月は進み後戻りしない
かごから抜け出し檻を出て
大き過ぎるのは
49日の名前
尽善尽美(善美を尽くす)
衆生済度(しゅじょうさいど)
心ここにあらず
天を創り地を造る
外にいて後で究明する
仙人のように幸せ
誰でも1つはくせがあり、誰でも死ぬときは墓がある
河は涸れ石は砕け
色は波ではないが、容易に人を溺れさせる
はまった場所はどこでも、そこで暖かく
腹を皮膚の外に置く
乾かされるジャコウネコ(?)のように震える
浮き草のように安い
路地に出て女子に会う
家を掃けばほこりが出る
父の故郷祖先の土地
風水は鶏まで
仏陀は心にある
1回の恐れは後まで続く
首まで飽きた
煙のある場所には、火がある
三十さん
タニシは自分の殻も運べないのに、苔のために杭となる
半分とうきび半分芋
赤身半分脂身半分
へその緒を切った場所
枝が花咲き木の頂は緑に
クオイのようにうそを言う
稲妻が耳を打つ
塩を海に入れる如く
柱に打ち込んだ釘のよう
錦に花を添えたよう
突然の雨粒のよう
夢のような話
水を得た魚
深紅のはちまき
儒者と農夫
一日在囚千年在外
飲むことも食べることも決まっている
1を倍にして2
人の心は好みに従う
一に英雄、二に貧乏人
浮き草の池のように淡い
汽水蟹のようにシャイ
死ねば霊魂が出る
どんな馬が2つの鞍を載せるか
サトウキビのように甘い
氷砂糖のように甘い
楽しい日は短い
昔々
一日二日
鉛のように重い
五旬に十禍
泥のようにつぶれる
万の形、万の様子
天と地と
一朝一夕
両竜と月
稲の葉のように薄い
母さんが買い物から帰るのを待つ
赤い目で待つ
六腑五臓
六つの勢い六つの濁り
燻されたネズミのように緩慢
1度はうっかり、2度は過ち
雄蛍のようにさえない
夜中のニワトリのよう