1教訓のことわざ

良い文章は決して長くない
賢い人は言葉を試す
井戸に落ちた金は探すのに難しく、言葉はかごから逃げた小鳥
初めが難しい(万事開頭難)
禍は口から出て、病は口に至る
禍は風、災難は飛ぶ
優れている者は統べ劣っている者は敗ける
水を飲むとき水源を思い出す
木を曲げるのはしなやかな時、子を教えるの無邪気な時
自力更生
四海之内皆兄弟(けいてい)
臨機応変
困っているなら考えなくては
どこかの修行も家の修行と同じ、父を敬い母を尊ぶのが真の修行
たまごはアヒルより賢い
忠告は耳に痛い
天が生み天が養う
どの天にもその助け、よく働けば金持ちに、意志があれば成るでしょう
天はまだ広く地はまだ厚い
天に目あり
かごを見て籾を入れる
顔を見て中身をとらえる
鷺をからかえば鷺が目をつつく
高く上がって、倒れれば痛い
若竹は曲げやすい
遅れた水牛は汚れた水を飲む
遅れた水牛は汚れた水を飲み、愚かな水牛が肥えた草を食べる
目が白くなる
月が満ちれば、満月になる
百事如天(百の事は天による)
百年過ぎ石碑は時ですり減り、千年過ぎ悪い評判は消えずに残る
百聞は一見にしかず
百粒の籾には、こぼれる粒あり落ちる粒あり
百の蛍は、1本の松明ほどではない
百の知識は手で慣れる事ほどではない
象を避けるのは恥ではない
わら百本でもカエルはつかまえられる
痛く殴る夫を避け、すぐ殴る夫に出会う
人を一責め、自分を十責める
良すぎると籾のない稲になる
名の高さは服の良さに勝る
木の良さは漆の良さより優れ、美しい行いの醜い人は美しい人に勝る
師を敬い道を重んじる
詐欺師を信じて牛を失う
物を託す人を探す
名声は永遠
悪い噂は3日間道に
挨拶はごちそうより高い
い草の声、鉛の声
どのお金もその財産
お金をなくし障害を負い
お金を背中に米を袋に
お金はレンガ、信義は金
先に己を責め後で人を責める
先に礼を学び後で文を学ぶ
よい材木が朝顔の柵に
小を積めば大になる
善を積めば善に悪を積めば悪に
穀物を積み衣服を備え
身内を愛するように人を憐れむ
実の目で所を視る
長くいて初めてその人の善し悪しを知る
舵のない船は夫のいない女性のよう
お粥になるまでよく噛む
良薬は口に苦し
合意して買い、一致して売る
夫婦協力すれば、東海の水もくみ尽くせる
時代が英雄を作る
倉庫長は首長より大きい
教師を敬ってこそ教師ができる
天の時、地の利、人の和
千折千磨(せんせつせんま)
天羅地網(天の網地の網)
大亀と競争する
木を見て森を見ず
正直は悪魔の父親
腰を閉め腹を縛り
背中の皮がまっすぐなら、お腹の皮がたるむ
年月は進み後戻りしない
聖人は愚かさをもてなす
食べるのに貪欲で身が極まる
みかんのさやを落として塩辛を食べる
大き過ぎるのは
苦いイチジクをたくさん食べるより
餌を落として影を捕まえる
早く叱れば蠅を追い払える
王子といっしょの象を買う
心を尽くし力を出し切る
強く習えば性格になる
雨を使って水をかける
火を消し灯りを消し
空の手で話しても、実を結ばない。
手が顎に噛ませる
素手だけれども基業は浮かぶ
三十六計
3回写せば
幸せはいっとき、不幸は一生
帰ったら家の池で水浴びします、澄んでいても、濁っていても、家の池がいいんです
サンダルを直す瓜畑
幸せはいっぱい、不幸はたくさん