Người sống về gạo, cá bạo về nước
人は米に生き、魚は水に帰る

うまく翻訳できないのですが、bạoは恐れない、強力などの意味
何しろ人間と米は切っても切れないものということですね

Đói ăn rau má, chớ ắn bậy ăn bạ mà chết
空腹なら坪草を食べる、知らないものを食べないようがいい。死ぬかもしれない。

空腹でも知らない物を食べない方がいい。死んでしまうから。
その辺に生えている坪草でも食べておきましょうという意味だそうです。

"bậy bạ"はいやらしい、えげつない bậyは不適切 bạはむやみに何でも

Ăn vóc học hay
食べては体、学んでは良さ(おもしろさ)

ことわざの得意な中部出身のベトナム人も「わかりにくい」と言っていましたし
インターネットの解説でも意味がわかりにくいと書いてあります。
が、食べて大きくなり、勉強して人としての良さおもしろさを得るということでしょうか。

vócは体つきとか身長とか、呉服の織物
こんなカーザオ(歌謡)もあります。
"Hỡi cô yếm trắng loà loà, Yếm nhiễu, yếm vóc hay là trúc bâu?" (Ca dao)

Vô duyên chưa nói đã cười, có duyên gọi chín mười lời chẳng thưa.
縁がなければ、話してもいないのに笑い、縁があれば90回呼んでもおろそかにしない。

直訳がうまくないのですが、
縁がない人は話をろくに聞かず、縁のある人(いい人)はよく話を聞くということでしょうか。

Chim khôn tiếc lông, người khôn tiếc lời
賢い鳥は羽を惜しみ、

鳥が自分の羽を大事にするように、人間は言葉を大切にすべきということでしょうね

 

Chim khôn chưa bắt đã bay, Người khôn ít nói ít hay trả lời.
賢い鳥は飛んで捕まらず、賢い人はしゃべりすぎない。

直訳がうまくできませんでしたが、これも多くの言葉で話すより
少しの的確な言葉で話した方がいいと言うことでしょうか。

Ăn bớt bát nói bớt (lời)nhời.
碗に少し食べ、言葉を減らして話す

食べ物は少なめに食べた方がいいし、
話すときは言葉が少ない方がいいと言う意味。
ベトナムでは、ご飯と話がよくセットで出てきますね。