Chớ thấy sóng cả mà ngã tay chèo
大波を見ないで、手でこぎなさい
絶望的な状態でも、努力を続けること

ngã は倒れる、のめる、耐えられないのほか、
交差点や自我などの意味があるそうです。

このことわざ、はじめは「大波を見ないで手で漕ぎなさい」という意味と思ったのですが
その後ngãやrã が壊れることなので「大波を見ることも漕ぐこともできない」と考え、
でも、新聞の使い方を見て、元の通りに直しました。

同義
sóng cả chớ ngã tay chèo
chớ thấy sóng cả mà rã tay chèo

Hoa hoè hoa sói
派手で毛がなくて

昔は髪をアップに結っていたので、毛がなくなって
おでこが広いのが美人だったようですが、
後世には色あせた過去の美しさになったのでしょうね。
日本人も髪を結っていた頃は、髪の毛が後退していったと言いますし。

でも現代の女性もバイクのヘルメットと暑さで
ちょっとおでこが大きくなっているような

Đâm bị thóc, chọc bị gạo
籾袋を刺し、米袋を突き

あっちでもこっちでも不和が起きることだそうです

同義
Giương  Đông kích Tây (東に西に戦い?)
giương (dong, trương)膨張・広げる 帆?  kích 柄の付いた斧・戦い 

Thanh Đông kích Tây (声東撃西)という
三十六計の中の騒ぎを扇動して攻めるというのもあります

Chó chê mèo lắm lông
犬はネコの皮を嫌う

自分のことを棚に上げて、他の人をあざ笑うことわざですが
これ、めちゃくちゃたくさんあります。
いったいなぜ? 競争心そしてその反省のためでしょうか?

Chó chê mèo dài đuôi 
犬はネコの長いしっぽが嫌い
Chuột Chù chê Khỉ rằng hôi 
トガリネズミはサルの臭いが嫌い?
Khỉ (mới)lại trả lời Cả họ mày thơm 
サルは答える 互いにいいにおいと?
Lươn ngắn lại chê chạch dài 
短いウナギは長いドジョウを嫌う
thờn bơn méo miệng chê trai lệch mồm 
ネコ口のヒラメは、曲がった口の牡蛎が嫌い