タグ「高駢(カオビェン)」が付けられているもの

第2巻第16話 南詔(ナムチェウ)の伝説

・南詔(ナムチェウ)人たちが、あちこちで戦い、国を作ったり、国が滅びたりする話
・南詔(ナムチェウ)は中国の西南部から、一時は東南アジアに広がった国
・南詔(ナムチェウ)軍は、待ち伏せなどゲリラ戦や略奪が得意なようです。

●呂嘉(ルーザー)が漢の使者を殺し、南詔(ナムチェウ)は橫山(ホアンソン)に
 南詔(ナムチェウ)人は,趙佗(チェウダー)武帝の子孫です。漢(ハン)武帝の時代、南越(ナムビェット)の首相は呂嘉(ルーザー)で、漢(ハン)の使者のである安国の少季(ティェウクイ)に従わずに殺害しました。漢(ハン)武帝は路博德(ロバックドック)と楊僕(ズンファック)を将軍に命じて、将兵を遠征させ、擒衞陽王(ベズォンブォン)建德(キエンドック)と呂嘉(ルーザー)を打ち、国を併合し、軍に各地を支配させました。
 趙(チェウ)氏の子孫たちは四方に散り、その後、神符(タンフー)に戻りました。橫山(ホアンソン)は人のいない荒れた土地でした。配下が増えてくると、船を作って、時には海に出て敵の地域に侵入し、海辺の人々を脅して物を取り、漢(ハン)朝の役人を殺しました。
 人々は南趙(ナムチェウ)と呼び、恐れて従いました。後に転じて南詔(ナムチェウ)と呼ぶようになり、(尊い血筋の名前なので)この呼び名を使うようになりました。

●南詔(ナムチェウ)軍の支配
 呉朝の時代になると、孫權(トンクェン)が戴良(ダイルオン)と戴良(ルーダイ)を長官に命じてを敵を討って治めるために送りました。天擒(ティエンカム)山から、河華(ハーホア)、高望(カオボン)、橫山(ホアンソン)、烏踦(アトゥン)、海岸(ハイガン)、望蓋(スーボ)、長沙(チュオンサー)、桂海(クエハイ)、望蓋(ボンカイ)、磊雷(ロイロイ)まで、高い山広い海、波高く険しい所、人の足跡もないような所まで、南詔(ナムチェウ)軍がいない所はありません。南詔(ナムチェウ)軍はそこでしばしば略奪を行って暮らし、長官と戦って殺し、それをやめさせることはできませんでした。この人々はだんだんと繁栄し、しばしば多くの財貨や珠玉を賄賂として西婆夜(タイバーザ)国に送り、お互い親密にいて助け合うことを求めました。

●晋(タン)の退却、南詔(ナムチェウ)国を作る
 晋(タン)朝の終わりには天下が混乱しました。趙翁李(チェウオンリー)という酋長は、趙佗(チェウダー)武帝の子孫で、多くの兄弟があり、皆優れて勇敢でした。誰もがかれに従い、南詔(ナムチェウ)軍は共に結集し、2万人以上の人々が、珠玉を西婆夜(タイバーザ)国に持って行き、近くの空いている土地に住む場所を求めました。
 当時、西婆夜(タイバーザ)国は、海浜と平野を均等に分割して、2本の道路を敷いていました。1つの道は 上は貴州(クイチャウ)から下は演州(ジエンチャウ)までで、嘉遠(ザービエン)路と呼ばれていました。水牛を殺してその血で宣誓を行い、そこを南詔(ナムチェウ)国に渡し、趙翁李(チェウオンリー)が支配しました。
 その後、翁李(オンリー)は、演州(ジエンチャウ)高舍(カオサー)鄉に町を築き、東は夾海(ザップハーイ)まで、西は婆夜(バーザ)国、南は橫山(ホアンソン)までを支配する王となりました。
 東晋(ドンタン)朝は、曹耳(タオニー)を将軍に命じ将兵を派遣して攻めました。翁李(オンリー)は川の上流の険しい場所で将兵を待ち伏せさせて戦い、その後、海に出て連山(ミーソン)と末山(マットソン)に隠れました。敵が集まれば自分たちは分散し、敵が別れれば自分たちが集まり、朝に出て暮れに入り、4、5年間持ちこたえました。晉(タン)軍は山の嵐に耐えることができず、半数以上が死亡し、退却しました。

●南詔(ナムチェウ)の退却
 南詔(ナムチェウ)軍がしばしば南城(ナムタイン)、東城(ドンタイン)、長安(チュンアン)の各所を侵略して略奪するので、長官は制御することができませんでした。唐朝が繁栄すると、懿宗(イートン)帝が高駢(カオビェン)に命じ、将兵を連れて戦うように命じましたが、しかし勝つことはできずに戻りました。
 晉朝五代の王石敬塘(タックキンドゥオン)は司馬李(トゥマーリー)に命じ、塗山(ドーソン)を攻撃するために20万人の軍隊を送りました。南詔(ナムチェウ)軍は退却して、哀牢(アイラオ)国を頼み国境の地に行きました。盆蠻(ボンマン)国の頭橫模(ダウホアンモ)という所です。常に略奪を職業とし、攻撃する時休む時も、平和であることはありません。その土地は現在鎮寧(チャンニン)府であり、大越国の地図にずっと記載されています。

第2巻第17話 蘇瀝(トーリック)川の伝説

・派遣されてきた将軍高駢(カオビェン)が、蘇瀝(トーリック)川に城を作るも、土地の神様に邪魔されて苦戦する話
・蘇瀝(トーリック)川はハノイの西から南に流れる川

●高駢(カオビェン)大羅(ダイラ)城を建設
 唐の懿宗(イートン)帝は、咸通(ハムトン)6年に、高駢(カオビェン)を都護将軍(ドーホトゥンクアン)に命じ、南詔(ナムチェウ)の敵を倒すために将兵を送りました。高駢(カオビェン)が戻った時、帝は靜海(ティンハイ)軍を嶺南(リンナム)(嶺安)の城塞に置き、高駢(カオビェン)を節度使(ティェトドスー 司令官)としました。
 駢(ビェン)は天文と地理に通じていて、土地の地形を見て、瀘江(ローザン)の西に周囲が30里の大きさの大羅(ダイラ)城を建設しました。瀘江(ローザン)の支流が西北に流れ込み、南に回って、大羅(ダイラ)城を囲み、そして再び主流に戻ります。

●川の名を蘇瀝(トーリック)に
 当時、6月中旬には雨水が多く溢れました。駢(ビェン)が小さな船に乗り込み、流れに乗って支流に入り、1里ほど行ったところ、突然、白いあごひげと白い髪の老人が、奇妙な外見で川の真ん中で水浴びをしていました。そして笑って話します。
 駢(ビェン)は名前を教えてくれるよう頼みました。すると「姓は蘇(トー)、名は瀝(リック)。」と答えるので、駢(ビェン)が再び「家はどこか」ろたずねると「この川の中である。」と答えます。言い終わると、手をたたき水しぶきを上げて、忽然と姿を消しました。駢(ビェン)は、これは神人であると考え、この川の名を蘇瀝(トーリック)と名付けました。

●高駢(カオビェン)帰国へ
 また別の日の早朝、駢(ビェン)が大羅(ダイラ)城の東にある瀘江(ローザン)川のほとりに立っていると、強い風が吹き荒れ、川の水がうねり、空が雲って暗くなり、不思議な人が水の上に立っているのを見ました。背丈は二丈を超え、黄色い服を着て、頭には紫の冠をかぶり、手には黄金のお札を持って、空中で光を放ちながら、上がったり降りたりします。
 日が高くなっても、空は霧におおわれて暗いままです。駢(ビェン)が恐れて、この神を祓いたいと思うと、夜、夢の中で、神人が言いました。「我を祓うなかれ。我は龍肚(ロンド 龍のへそ)の精であり、地霊の長である。あなたはここに城を建てたが、我々はまだ会っていないので見に来たのだ。我々は護符の術を恐れようか。」駢(ビェン)は驚いて目覚めました。
 翌朝、駢(ビェン)は祈願のための祭壇を設けて、お祓いのために金銅鉄符を置きました。この夜、雷鳴が鳴り響き、風雨が吹き荒れ、空と大地は暗くなり、神将は咆哮し、天と地は震えました。そして一瞬にして金銅鉄符が地上から離れ、灰となって空中に散って行きました。
 駢(ビェン)はさらに驚いて「ここには不思議なた霊異を行う神がいるので、災いを避けるためには、長く留まることはできない。」と嘆きました。その後、懿宗(イートン)は駢(ビェン)を呼び戻しました。駢(ビェン)は処刑され、高鄩(カオタム)が代わりとなりました。