ご飯は実の母

Cơm tẻ mẹ ruột
毎日のご飯は生みの母

Com tẻは毎日食べる普通の米、 tẻは単調の意味もあります。
mẹ ruộtのruộtは腸で、転じて生みの母。
つまり、普通のご飯がいいって事ですね。

生みの親という言葉があるのは、死亡率が高かったり、一夫多妻のため
育ての親と暮らす人も多かったからでしょうか。

ちなみに、よくベトナム人の言うCơm và Phở(ごはんとフォー)
ご飯が奥さんで、フォーは愛人だそうです。
ご飯は家で毎日食べるし、外でフォーも食べたいのだそうです。男女ともに。
そんなもんですかね~。